熊本地震被災分譲マンション 建替え第1号「上熊本ハイツ」着工しました

熊本市では初のマンション建替え法による分譲マンション建替え

 

株式会社ラプロスがマンション建替えアドバイザーを担当した熊本市西区の分譲マンション「上熊本ハイツ」建替事業の起工式を2018年8月27日に執り行い着工しました。

 

2016年4月に発生した熊本地震により団地全体が熊本市の罹災証明で全壊とされた「上熊本ハイツ」の建替えは、熊本市の被災マンションとして最初の建替え事例となります。またマンション建替え法による建替えとしても熊本市では今回が初めてとなります。

 

建替え後は「アトラス上熊本」の名称で14階建1棟(184戸)の大規模マンションとなります。

 

詳しい建替事業内容はこちらでご確認ください。

 

画像アトラス上熊本外観完成予想CG
「マンション建替え円滑化法」を適用したマンション建替えコーディネート実績を持つのは、九州ではラプロスだけです。
マンション建替え実績
(旧)日生西新コーポラス→(新)コスモ西新コートフォルム
平成16年度
住宅金融公庫総裁賞受賞
⇒詳細はこちら
(旧)丸竹ファミリマーンション→(新)ルネサス小禄
全国初の組合資金調達・直売の自主建替方式⇒詳細はこちら
(旧)藤崎住宅→(新)レジデンス百道
建替組合方式による九州最大規模の建替え⇒詳細はこちら
(旧)下高宮住宅マンション→(新)プライムコート高宮
建替検討委員会発足から工事完成まで4年間という早さ!⇒詳細はこちら
(旧)小笹東門クラブマンション→(新)コスモ南公園
「マンション建替え円滑化法」を九州で初めて適用。 ⇒詳細はこちら
皆さまのご意見を伺いながらベストな方法を一緒に考えます。
株式会社ラプロス 代表取締役
樋口繁樹
⇒代表メッセージはこちら